2018年12月25日

歯の妖精のお話

こじまデンタルクリニック(歯科、小児歯科、歯科口腔外科)
名古屋市緑区潮見が丘2-17
052-899-3050

歯の妖精のお話
1667095505-ce1f3.png
こんにちは、サンタクロースからどんなプレゼントをもらいましたか?。
今日は、歯の妖精のお話をさせていただきます。
日本では乳歯が抜けると屋根の上や軒下に埋めることで丈夫な永久歯が生えてくるように願掛けする風習があります
欧米では乳歯が抜けた歯を枕の下に置いて眠ると、夜中にTooth Fairyという歯の妖精がやってきて、お金を置いていってくれる、という風習があるそうです。
こんな話しをしてあげると乳歯を抜くのが少しは恐くなくなるかもしれませんね。

こじまデンタルクリニック(歯科、小児歯科、歯科口腔外科)
名古屋市緑区潮見が丘2-17
052-899-3050
posted by こじまデンタルクリニック at 07:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月18日

仕上げ磨きのお話

こじまデンタルクリニック(歯科、小児歯科、歯科口腔外科)
名古屋市緑区潮見が丘2-17
052-899-3050

仕上げ磨きのお話
こんにちは。
今年も残り少なくなり慌ただしい毎日を過ごされていると思います。
インフルエンザが流行の兆しをみせています。お気をつけください。

今日は、仕上げ磨きのお話をさせていただきます。
お子さんの仕上げ磨きは何歳までされていますか?
6歳ごろから永久歯への生え変わりが始まります。
この時に生えてくる奥歯の永久歯は磨きにくいため虫歯になりやすいです。
そこで、仕上げ磨きが大事になってきます。
子供が一人で奥歯までしっかり磨けるようになるのは10歳くらいまでかかります。
10歳ごろになると仕上げ磨きを嫌がるお子さんもいるかと思いますが、
それくらいまで頑張っていただくことが子供の虫歯を予防するのに重要です。
磨き方などお困りでしたらご相談ください。

こじまデンタルクリニック(歯科、小児歯科、歯科口腔外科)
名古屋市緑区潮見が丘2-17
052-899-3050
posted by こじまデンタルクリニック at 07:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月11日

歯の数と食事のお話

こじまデンタルクリニック(歯科、小児歯科、歯科口腔外科)
名古屋市緑区潮見が丘2-17
052-899-3050


歯の数と食事のお話
こんにちは、本格的な冬の到来を思わせる時期になりました。
皆様、風邪などひいてないでしょうか?

今日は、歯の数と食事のお話をさせていただきます。
60歳ごろから何でも噛んで食べることができる人が減少していることが厚生労働省の調査で公表されたました。
これまで80歳で20本の歯を残すことを目標とされており、近年では80歳で20本以上の歯が残っている人は多くなりました。
ただ、歯が残っていれば何でも噛んで食べることができるわけではありません。
何でも噛んで食べるためには、歯や口の中の健康状態が重要です。

歯や口の中の健康を保ち何でも噛んで食べることで栄養状態も維持することができ、体の健康につながります。
お困りのことがありましたらご相談ください。


こじまデンタルクリニック(歯科、小児歯科、歯科口腔外科)
名古屋市緑区潮見が丘2-17
052-899-3050
posted by こじまデンタルクリニック at 07:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする